プロダクトローンチ

✌️もうやめたはずのローンチプロデュースを引き受けた2つの理由とは?

投稿日:

こんにちは、室賀です。

 

前回の続き、
ローンチプロデュース物語の2話目。

前回の記事から読むと
面白さが倍増しますので
ぜひ前回の記事を読んでから
読んでくださいね。

こちらです↓
【1話目】実は裏でローンチプロデュースしてました。

昔の情報販売時代の友人、Tさんが
今困っているのを見かねて
4年ぶりのローンチプロデュースを
引き受けた私。

引き受けたはいいものの、
難問が次から次へと
降り掛かってくるのでした。

実は、私がTさんから
ローンチプロデュースを
引き受けたのは今からちょうど
1年前の話なのです。

通常私の7Daysローンチは
仕掛けからカートクローズまで
その名の通り1週間もあれば
終わります。

準備に余裕をみて2〜3週間、
さらに余裕をみても1ヶ月もあれば
十分すぎるほどです。

しかし、過酷な肉体労働を
しているTさん。

月に2〜3日程度。
1日あたり数時間しか作業する時間が
物理的に取れないのです。

なので1年間もかかってしまったのです。

私が引き受けた理由は2点ありました。

Tさんを助けたいというのは
別にして、

・今も投資の研究は続けていて売るモノもある
・昔のリストが約5万人くらいある

この2つ。

ローンチをするにあたっては
まず、売れる商品があるのが前提です。

無ければ作りますが、
できればあったほうが理想。

さらに、

売れる商品があっても「リスト」が
無いとお話になりません。

よくよく聞くと、

商品というのはその投資を行う
自動売買システムだといいます。

バックテストではもう
ありえない数値を叩き出している
とのことでした。

そして極めつけは持っているリスト数です。

なんと5万リスト。

しかし、私もバカではありません。

たとえ5万リストといっても
12年間一度もメルマガを出していない
ということは大半が死んでいるリスト
ということになります。

瞬時に頭の中で計算しました。

10分の1残っていれば御の字でしょう。

5千人か・・・

想定を大幅に下回ったとして
20分の1でも2千5百人か。

イケるだろう!

ということで、
実際にリストのクリーニング作業に
入っていきました。

リストクリーニングとは
反応のあるリストだけを抽出する
作業のこと。

なにしろ12年間ほったらかしに
してしまったわけです。

絶対にやらなくてはいけない
作業でした。

しかし、ここでとんでもない
事態が発覚したのでした。

その、とんでもない事態とは?

次回へと・・・

いや、もう少しお話しましょう。

私も書いていて熱くなって
きましたからw

Tさんが12年間ほったらかしに
していた保有リストの内訳とは以下。

1.某有名無料メルマガスタンドのリスト4万人

2.独自配信メルマガリスト8800人

この「1」が長期間メルマガを配信して
いなかったため休刊扱いとなっていて
復刊申請をしていたのです。

しかし、何度復刊申請しても却下。。

某スタンドははっきりとした理由は
言わないのですが現在の規約に違反
していると。

え?

当時には無かった規約を適用され
4万リストは泡と消えたのでした。

ジタバタしてもしょうがありません。

これが、いつも私が口を酸っぱくして言う

『リストを他のインフラに依存しては絶対にダメ』

という理由です。

しかもこの某無料メルマガスタンドは
リストを外から入れることはできるのですが
一度入れたが最後、

二度と外部に出すことはできません。

これは痛手でした。

が、まだ独自配信リストが
8800リストあります。

気を取り直してクリーニングスタート。

実際の作業としては、
新たにメルマガ配信スタンドと契約し
そこに8800リストを入れて、

メルマガを配信して開封された数が
現在生きているリストということに
なるわけです。

すると・・・

8800人のうち5400人分がエラーでした。

残ったのが3400人。

まあ想定内です。

さらにここから絞り込みます。

絞り込む理由は、
この3400人はまだ本当の意味での
アクティブなリストではないからです。

なんかメールが届いて「ん、なんだ?」
と開封しただけの人もいるからです。

また、届いてはいるものの開封していない人。

開封したけど読まずに解除する人も多いからです。

なんといっても12年間一度も
メルマガ出さなかったわけですから。

12年といえば生まれた子が
小学6年生になって中学生になろうか
という長い期間。

12年ひと昔です。

そして、丁寧に丁寧に抽出したのが
わずかに97リストでした。

え? え?? えぇぇーーー??!

4万8800リストがたったの97リスト?

わたし、正直この時点で
完全にやる気を無くしましたw

しかし、約束は約束です。

引き受けたからには
全力でやり通そうと。

(たった97リストでどれくらい売れるか?)

(面白いじゃないか)

(よし、やってみよう!)

戦いとは2手3手先を読む
シャアのように入念に準備を
進めていきました。

一連のステップメールを準備し、
動画3本を準備し、
セールスレターも準備。

といっても私は大したことを
やっていません。

このTさんは昔情報販売をやっていた
経験がある方なのでテンプレートを
渡しただけ。

ステップメールを書いてもらって、
動画のスクリプトを書いてもらって、
セールスレターも書いてもらって。

私はそれをチェックするだけ。

『うん、いいですね。これで行こう!』
『ここはこういうふうに直してください』

と指示するだけ。

まさにプロデューサーです。

動画の撮影・編集もTさんに
任せて私はチェックするだけ。

2回、撮り直してもらいました。

Tさんのノウハウを最大限活かすためです。

Tさんが目まぐるしいほど
忙しいのはお聞きしてましたが
心を鬼にして突っ返しました。

あとはもらったセールスレターの
文章をテンプレートのWebページに
コピペしてちょちょっと見栄えを
整えて完成。

楽なものです。

もちろん何もできない
コンテンツホルダーなら
プロデューサーが主体で
すべてのパーツを作ります。

が、今回は超楽チンでした。

指示とチェックのみ。

しかし、実はこの
指示とチェックが超重要。

私の7Daysローンチテンプレートには
売れる要素が詰まっている。

その売れる要素から外れることを
書かれると途端に売れなくなります。

私のチェックも無事通過。

準備は万端です。

そして、、

仕組み化マスタークラスの
キャンペーンの裏でローンチスタート!

販売期間は3日間。

商品価格はAコース10万円、
Bコース20万円としました。

Tさんが物理的にサポート
できないのでシステム単体の
販売価格としました。

売れるのか?

売れないのか?

準備は万端といっても
さすがに4年ぶりの
ローンチプロデュース。

緊張感が張り詰めます。

室「Tさん、クリックしてメールを送信してください!」

T「行きます!」

ZOOMで指示を出しました。

カチッ。

結果は・・・

次回へ続きます。

 

室賀博之

-プロダクトローンチ

Copyright© 室賀博之の公式サイト - 40歳からのインターネットビジネス起業と人生の成功を伝えるブログ , 2022 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。