よしなしごと

サラリーマンとして“成仏”する方法

投稿日:

こんにちは、室賀です。

3日ぶりのメルマガです。

土日は出かけていました。

土曜日午前中は、
私の師匠のオンラインビジネス塾だったの
ですが、朝からハプニング。

なんと9時開始なのに部屋の鍵が開きません。

暗証番号で開けるやつなんですが、貸し会議室
会社の手落ちで番号が伝えられていなかった
みたいです。

なので、連絡が取れる10時まで
どうしていたかというと・・・

近くの公園で“青空講義”(笑)

前代未聞な自体だと思いますが、逆にこれを
楽しんでしまうのが私たちなのです。

そよそよと吹く風も心地よく、案外これも
ありかもですね。

そして午後は、私と師匠とのコラボ企画である
月例のマスターマインドでした。

弟子は2名。

弟子といっても仲間・パートナーとして、
実践中心でやっています。

実践は各々の環境でやってもらっている。

そして、ほぼ毎日チャットワークで疑問点などを
やり取りしてます。

徹頭徹尾の実践方式。

私と師匠の持ちうる全てを叩き込みます。

で、月一で実際に会って、

・戦略面

・タイアップ

・超速ローンチ

・リストビジネス

などなど、結果に直に結びつくアドバイスや
提案をしていきます。

その場でWordPress構築などもやってしまう。

マスターマインドですから徹底的にやります。

なので、この2名の弟子の伸びが凄いのです。

非常に高額なので“真剣味が全く違う”

1名はすでにタイアップ先に目星を付けて
コンタクトを取るべく行動に移しているし、

もう一名は一緒に考えていく中で、
思いもしなかったアイデアが出たことで
大きくシフトしていくことになりそうです。

この案件、着実に進めていけば
超速ローンチでかなり大きな売上げを出すこと
が出来そうです。

楽しみですねぇ。

2名とも私とほぼ同世代。

詳しくは言えませんが一部上場企業の
部長クラス。

いや、その上かも。

「えー、そんなの一生安泰じゃないですかぁ」

「あと何年か勤めれば定年の花道ですよぅ」

「羨ましい・・・」

一生安泰? 定年の花道? 羨ましい?

真面目にそんな事を信じていると
足元をすくわれますよ。

特技のないエリートは退職後に地獄を見る
http://president.jp/articles/-/25123

第1の地獄。
サラリーマンとして成仏していないこと。

→ お金をしっかり稼いで妻子に苦労をさせず
自慢できるような仕事やポジションに
登りつめていない。

第2の地獄。
エリートだったこと。

→ 現役時代と定年後のギャップが激しい。

第3の地獄。
つぶしがきかない人間だったこと。

→ 会社の仕事以外に特技も技術も知識も
まるで無い。

怖いですねぇ。

エリートでもこれだけ悲惨なのに、
使われるだけのただの“平社員”だったら
地獄どころの騒ぎじゃない。

実際に私がそうでしたから。

・学歴は三流高校卒。

・大学受験、就職にも失敗してフリーター。

・なんとか就職するも肉体労働。

・将来のことなど何も考えず今が良ければ
それでいいという刹那的な毎日。

・その「今」も大して良くは無い。

・というか、はっきり言って悪い。

・もっと言うと先細りなのは見え見え。

こんなサラリーマン、
日本中にゴマンといます。

はい、私でした(笑)

でも、

「やっぱりオレには
インターネットビジネスしか無いんだ!」

と一念発起して“本質”を追い続けたから
今があります。

なので、

『世界一堅実なオンラインビジネス起業家』
として成仏するでしょう。

まだまだしませんが(笑)

会社という大船に乗っていたって
タイタニック号のように沈没してしまったら
自分の船が無い人たちは溺れるのみ。

対して、吹けば飛ぶような小さなヨット
しか無い人だって、自由自在に操縦できれば
無事に港にたどり着けます。

分かります?

この“小さなヨット”が、

“自分で稼げる力”ということ。

だからこそマスターマインドの弟子2名は、

タイタニック号に乗り続けるよりも

小さなヨットを自由自在に操れる道を選択した。

誰に言われるでも無く

自分自身の頭で考え

行動に移した。

だからこそグングン伸びているのですね。

サラリーマンとして“成仏”できますか?

 

-よしなしごと

Copyright© 室賀博之の公式サイト - 40歳からのインターネットビジネス起業と人生の成功を伝えるブログ , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。