プロダクトローンチ

ローンチ的考え方の重要性

投稿日:

こんにちは、室賀です。

一昨日、長野の塾生のマンツーマンコンサル
から帰ってきました。

暖冬とはいえ、やっぱり寒かったですねー。

行く前、塾生から聞いたところによると
朝はマイナス10度だとか。

でも、私の行った2日間はなぜか暖かかった
のです。

で、帰った翌日、塾生が言うには
またマイナス10度だったとか。

運がいい!

塾生からも、

「室賀さん、やっぱり持ってますね!」

と言われて気を良くしている私です。

さてさて、年明け2発目のメルマガは、

リストがキャッシュを生み出すんだよー

という話。

ネットビジネスに限らずなんですが、
「リストが重要」とはよく聞く話ですし
あなたも、今さら何を・・・と思っている
かもしれません。

でも、本当に全身でそれが分かっているか?

というと心もとない方が多い、

いや、多すぎるように思います。

今、私はSLA(スピードローンチアカデミー)
とマスタープロデューサー養成塾という2つ
の塾を運営しています。

が、塾生でも全員が「全身で理解している」
とは言いづらいのが現状。

もちろんこれは私の伝え方が足りていないと
いう部分もあると思います。

でも、それ以上に骨の髄まで身にしみて
分かっているか?理解しているか?
というと、分かっている方が
少なすぎるように思う。

塾生でさえそうした方が多いので、
一般では、どんなにか少ないんだろうなと
思います。

塾生でNさんという法人向けのコンサルタント
をしている方がいます。

彼はまだローンチを一度も回してはいない
のですが、私はNさんのことを全く心配して
いないのです。

なぜかというと、リストの重要性、

「リストがキャッシュを生み出す」

ということを骨の髄まで分かっているから。

今朝、Nさんは塾生向けのグループチャットに、

【ローンチ的考え方の重要性について】

という題で、自分の近況報告をあげてくれて
いました。

塾生向けの内容なので全文は引用できませんが、
かいつまんで言うと・・・

SLAが開講したのが昨年9月。

で、第1回目の全体セミナーが10月頭にあった。

そこでNさんは、はたと気がついたんですね。

ローンチに限らずビジネスは「リストが命」だと。

元から知識としては知ってはいたけど
真に気がついたわけです。

それからNさんは10月11月12月とリスト集め
に奔走した。

名刺交換なんていう泥臭いこともいとわず、
リストを集めに集めまくった。

結果、3ヶ月で150名のリストが手に入った。

ここに、一人10000円の参加料で50席の
イベントを告知。

たった2日で完売。

さらに先日、セミナー&説明会を開催。

7名限定で参加料3000円で募集。

7名枠全て申込みあり。

当日、2名欠席で5名参加。

この5名に対してセミナー&説明会を行った所、
年間コンサル料100万円が2名に売れた。

元は、名刺交換で集めた150名のリスト。

この150名に対してメールで告知。

100リストに対して1件の高額商品の成約という
ローンチの成約率に十分則っていますね。

Nさん本人は「これはローンチではない」と
言われてましたが、私はこれもローンチの
一つの型であると思います。

プロダクトローンチといっても別に動画を
使わなくちゃいけないわけじゃないのです。

見込み客を集めて、

価値を提供して、

販売する。

これに則っていれば売れていくんです。

Nさんはこう締めくくっていました。

>見込先リストを集めて
>自分の存在を世に知らしめる行動を起こし
>同時に信頼を勝ち取るための
>活動をしながら集客をし、
>そしてバックエンドを販売する。

>このシンプルな【ローンチ的考え方】を
>頭のど真ん中にインストールすることが
>キャッシュを生み出すために
>必要かと思います。

>どんなに良いコンセプトでも
>コンサルや講演ができても
>目の前にお客を連れてこれなければ
>ただのゴミくずだという認識で
>今後も行動していこうと思っております。

はい、ここに全てが集約されています。

インターネットに限らず、ビジネスで結果を
出したいなら、

この【ローンチ的考え方】をしっかり頭に
叩き込んでください。

そして、叩き込んだらすぐ行動してください。

必ず結果は付いてきます。

-プロダクトローンチ

Copyright© 室賀博之の公式サイト - 40歳からのインターネットビジネス起業と人生の成功を伝えるブログ , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。