プロダクトローンチ

動画撮影が苦手で…を克服する方法

投稿日:

こんにちは、室賀です。

3日ぶりのメルマガです。

先週お知らせしていた通りに遅いGWを取って
きました。

群馬県の伊香保温泉に行ってきました。

夕食後に有名な石段街で昔懐かしい射的
なんぞもやったり。

石段街ってこんな感じ↓
http://www.ikaho-kankou.com/ishidan.cfm

昼間は賑わうみたいですが、夜7時半にはもう
ほとんどのお店は閉まってました。

なので路地裏散歩と洒落込むと・・・

40年くらい前、私の住んでいた所沢の銀座通り
裏のスナックみたいなのがまだあったり。

「これ、お客さん入るんかいな??」

という感じですが、灯りがついてるんで
やってるんでしょうね。

ちょっとそこには足が向かなかったので、
宿泊先のグランドホテルにほど近い、

やきとり みっちゃん へ娘と姪っ子を
連れていきました。

息子と甥っ子は行かずにホテルに戻って
卓球をするんだと(笑)

最近は女の子のほうが好奇心というか
冒険心があるんですねぇ。

砂肝の塩焼で一杯やるなんざぁ粋な女の子たち。

オンラインビジネスも我ら40代50代のオジサン
を尻目に、若い女の子から30代40代50代の
女性に、どんどん抜かれていきますよ。

もうそんな兆しが出てますからね。

40代50代の貴男!

うかうかしてられませんぜ!

---

ということで、今日は、

旅行に行く前にLINEからメッセで質問を
いただいていた件について書きます。

Fさんの質問。

------------------------------
メルマガ拝読致しました。

昨日のメルマガでは、
超速ローンチには動画撮影が必須とのこと。

今はスマホでも撮影ができる。
とは、認知してますが、

動画が苦手、顔出し、声出しに
壁を、感じてます。

(中略)

室賀さんは動画は、得意ですか?
苦手意識はありませんか?
------------------------------

動画撮影が苦手という方、多いのですねぇ。

たまに質問をいただきます。

直接質問されない方でも
動画撮影が苦手という潜在層の方々って
かなりいるんじゃないかなと思う。

なので、あなたにシェアする意味でも
メルマガで回答します。

超速ローンチに限らずプロダクトローンチでは
動画が必須というわけではないです。

生みの親のジェフ・ウォーカーも初期の頃は
メールだけでやっていたようですし。

ただ、前回のメルマガにも書いたように
動画のほうが伝わる情報量が圧倒的にあるので

チャンスは最大限に活かしたいので
動画という選択をしているに過ぎません。

なので、先に「動画ありき」では無いという事。

ここを間違えないでください。

そうは言っても今のプロダクトローンチでは
動画における役割はかなりのもの。

で、

「動画を撮影しないといけないのか・・・」

と二の足を踏んでしまう人がいるのも事実。

ハードルが高い と思われているんですね。

Fさんは「顔出し」「声出し」が苦手だという。

実は、私自身も以前は“かなり苦手”でした。

というよりも、人と対面で話すのが苦手
だったのです。

昔、子供の頃から吃音だったのです。

成人してもまだ若干残っていたと思う。

今会う方々には、

「えーっ、全然分からないですけど」

と言われますが。

吃音の克服法はまた別の話になるので
ここではしませんが、

その中でも、普通の人が動画撮影が苦では
無くなる方法を説明します。

究極、結論を言ってしまうと、ズバリ、

『慣れ』です。

それしかないです。

「えー、そんな事言っても室賀さん、

慣れないから動画撮影苦手なんですよぅ」

徹底的に声に出して語る機会を作るのです。

苦手だって言っているあなた。

苦手だから全くやらないでしょう?

慣れるはずが無いです。

よく私が動画撮影が苦手で…という方に
アドバイスするのが、

スマホで本の音読を自撮りすればよい。

これを勧めています。

小学高学年向けとか中学生向けの
会話が多く書かれているやつなんかが特に
いいですね。

これを感情を込めて自撮りする。

撮ったらYouTubeに限定公開でアップロード。

これでURLを知っている自分以外誰にも
観られません。

撮影時、自分一人しかいないにも関わらず、
最初は相当緊張する人も多い。

誰に見られてるわけじゃないのに(笑)

これをどんどんやる。数をこなす。

数をこなすことですよ。

で、慣れてきたら、私の超速ローンチの
シナリオででもやってみる。

これも飽きるほど繰り返す。

1回10分毎日やってみるといい。

1ヶ月もすれば完全に慣れてしまいますよ。

最初は感情もへったくれもない棒読みに
なると思います。

気にせずどんどんやる。

段々と感情を入れて話すように意識する。

本の主人公になりきったつもりで。

身振り手振りも交える。

オーバーでも構わない。

これであなたも一流の動画の話し手になれる。

やらない人が大多数だから

すぐ一流になれる。

やるか、やらないか。

さてさて・・・

何人の方がこれを読んで実際にやるか?

やる人は、

どんどんどんどん上に昇っていきます。

 

-プロダクトローンチ

Copyright© 室賀博之の公式サイト - 40歳からのインターネットビジネス起業と人生の成功を伝えるブログ , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。