インターネットビジネス

世界で最も強力な麻薬とは?

投稿日:

こんにちは、室賀です。

大阪の地震、大きな余波を残している
みたいですね。

昨日、関西の読者さんからも無事のメッセを
いただきまして、ひとまずホッとしています。

さてさて、先日16日に締め切った

世界一堅実なオンラインビジネス
全体像設計図Ver2.0無料プレゼント

ですが、

14名の方からお申し込みがありました。

いただいたアンケートは一つ残らず全て
読ませていただいています。

コンテンツを持っている方。

サラリーマンだけどプロデューサー志望の方。

現在、そして、未来への不安。

などなど・・・

やっぱり皆さん、色々と悩みや不安が
あるのですね。

しかし、中には、すぐにでもリストを集めて
売れるコンセプトと強いオファーを決めさえ
すれば、

オンラインコンテンツにしろ、超速ローンチ
にしろすぐできるのでは?

というような方もいました。

なので、

このアンケートを元に設計図の“右側”を
しっかり作り込んでいますので、ご回答
いただいた方は、もう少しお待ち下さいね。

ただし、やるのは自分、動くのはあなた自身
ですから、

「いいものが手に入ったな」

だけで安心してはダメ。

それよりも、

「なるほどこうすればいいのか!」

「じゃ、自分の場合こうしたら?」

前向きに発展拡張の思考がある人が成功の
レールに乗ることができると思う。

後ろを見たり、その場で足踏みするんじゃな
くて、たとえミスってもいいから一歩踏み出
さなけりゃ、始まりません。

サラリーマン社会では、個人で働いている
ようにみえて実は集団。

ミスっても失敗しても“会社”という看板が
あるので個人には責任はいきません。

福利厚生もあるし、税金は源泉で会社がやって
くれるし面倒なことは全部会社がやってくれる。

だから君たちはこれくらいで我慢してねー

ということなんですね。

ところが起業して自分ひとりの力でやって
いこうとすると全ては自分の責任。

多くの人は、
ここに恐怖を感じてしまうんですね。

なので、どうしてもヌクヌクと温かい会社に
しがみつくのです。

『さよなら、消費社会』の著者カレ・ラースン。

こんなこと書いてます。

「世界で最も強力な麻薬は、

(集団に)帰属できるという約束だ」と。

あぁ、確かに。

そうなのだろうなぁと思います。

黙って会社に行っていれば毎月入ってくる
給料が無くなる。

そう考えたら怖いのですね。

しかし、なんてこと無い解決策があります。

会社に行きながら、帰宅後の時間や休日、
これを全て自分自身のビジネスのために使う。

これだけです。

表も裏も無いです。

でも「忙しくて…」を口実にしてやらない。

“会社”という安全パイを確保したまま、
副業として自分のビジネスの結果を出したい
ならやるしかないんですね。

私だって肉体労働系サラリーマンのころ、
毎日のように葛藤してました。

日中の仕事で体はボロボロ。

帰宅して風呂から出ると・・・

(あぁ、ビール飲みたいなぁ。でも飲むと

作業ができなくなるしなぁ・・・

どうする?どうする?)

毎日悩んでました(笑)

よく、インターネットビジネスの大御所が

「やるか、やらないか」だ。

といいますね。

これ真理なのです。

難しいことをぜーんぶ取っ払った言葉がこの

「やるか、やらないか」なのですね。

なので、

40代50代は、いつも私がメルマガに書く
ロビソン・クルーソーの精神で、

世界一堅実な方法で、やるべきなのですね。

カレ・ラースンの言葉を室賀流に言うと
こうなります。

「世界で最も強力な麻薬は、

一度でも自分で大金を稼いだという体験だ」

私も昔、ブレイクしつつも、その後、日雇い
人夫にまで落ち込みました。

でも、絶対に再び這い上がれると信じていた。

そして、実際に這い上がりました。

それもこれも、一度でも自分で大金を稼いだ
という体験があったから。

とても強力な麻薬のようなモチベーション。

あなたにも早く体感してほしい。

 

-インターネットビジネス

Copyright© 室賀博之の公式サイト - 40歳からのインターネットビジネス起業と人生の成功を伝えるブログ , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。