ストーリー

これ↓を軽視する人は大成できません。

投稿日:

こんにちは、室賀です。

いま起きました^^;

昨日はけっこう飲んで、終電一本前に帰宅
したのでやはり配信がこの時間に。

でも、ちゃんと朝飯に和食を作って、
しじみの味噌汁を飲んでシャワーを浴びた
のでスッキリしました。

今日は良き青空かな。

爽快気分でメルマガ進めていきましょう。

昨日は、久しぶりに嫁さんを泣かせて
しまった話でしたね。

なぜあの話を書いたのか?

勘のいいあなたなら分かったと思いますが
ストーリーを書いたのです。

はい、またストーリーの話です。

ストーリーはとても重要。

だから何度でも書きます。

実際、

「ストーリー?あ~分かった分かった」

なんて軽視する人ほどストーリーを上手く
使えていないです。

というか、ぜんぜんダメ。

なので、これから私が書くことを十分頭に
入れて(できればプリントして)おいて
ください。

あ、余談ですが、いつもメールをくれるR子
さんは、私の今までの全てのメルマガを
プリントしてファイルしてくれてるそう。

なんと、ありがたいこと!

ずいぶん前に「もう2冊目に入りました」と
連絡をくれたので、3冊目、いや、4冊目に
入ってる頃かも。

はい、では行きます。

『ストーリーは具体的であればあるほど

普遍的な魅力を持つ』

※プロフェッショナルは「ストーリー」で
伝える P164より。

ということ。

“普遍的”っていうのはまぁ、

“全てのものに共通しているさま”という
ことだから、言い直せば、

『ストーリーとは具体的であればあるほど

全ての人々にとって魅力を持つ』

ということになりますね。

そしてこの後、こうも書かれている。

---
聞き手に母親のことを思い浮かべさせたければ
あなたの母親について語る。

お母さんが学校まで送ってくれた日の想い出。

その日、お母さんが着ていた服。

運転していた車などの描写も含めて具体的に
語るのだ。

そうすればやすやすと、聞き手の脳裏に母親の
記憶がよみがえる。
---

優れたストーリーっていうのは、聞いている人
の頭の中で“映像化”されるのです。

だから、心に残り、共感のスイッチがカチリと
入るんですね。

だから、

私の友だちのMくんが・・・

というよりは、

私の友だちの室賀くんが・・・

と言ったほうがより具体的というわけ。

もちろん名前なんかは個人情報的なものが
絡むから、そういう時はぜんぜん関係無い
名前にするとか仮名にすればいいだけ。

そして、より具体的に具体的に描写する。

Aさんがとか、Mくんがなんて一般的抽象的
な話なら語らないほうがまだまし。

例えば、昨日のメルマガのこの部分↓

---
と、ミンティアのCMのムロツヨシのように
ドギマギしながら、ティッシュを渡して、

そうっと嫁さんの顔を覗き込んだのです。
---

誰もが知っているであろうミンティアのCM。

ムロツヨシが結婚式のスピーチを次にするのに
後輩に緊張してるのかと思われてドギマギする
シーンがありますよね。

そのドギマギ感が、嫁さんの顔をそうっと
覗き込んだ私の様子が、あなたの頭の中
に浮かんだんじゃないでしょうか。

より具体的に具体的に。

プロフェッショナルは「ストーリー」で伝える

アネット・シモンズ著

この本は世界一堅実なオンラインビジネスの
定番の教科書にしたいくらい。

定価2400円とちょっと高めですが
ぜひ購入して読んでみてください。

というか絶対に読んだほうがいいです。

大事なので最後にもう一度。

『ストーリーは具体的であればあるほど

普遍的な魅力を持つ』

 

-ストーリー

Copyright© 室賀博之の公式サイト - 40歳からのインターネットビジネス起業と人生の成功を伝えるブログ , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。