コピーライティング

無いもんもあるように考えるから楽しいねんで

投稿日:

こんにちは、室賀です。

GW楽しんでますか?

家族揃っての行楽はいいもんですが、
くれぐれも事故や怪我には気をつけて
くださいね。

私はといえば、昨日は早々に仕事を終えて
撮りためてあったテレビの録画を見て
のんびりしておりました。

かなり撮りためてあったので
何を見ようかとリモコンをピッピしており
ますと、

天才を育てた女房

「ふーん、天才数学者を支えた女房かぁ…」

と思いつつ見てみることに。

冒頭シーンをちらっと見て、
やっぱりやめようかなぁと思っていた時、
佐々木蔵之介が出ていたので見ることに。

私、佐々木蔵之介好きなのです。

超高速!参勤交代を観てから
ファンになりました。

日本の誇る、世界の天才数学者、
岡 潔(おか きよし)の物語。

ん?岡 潔?どこかで聞いたことあるなぁ・・・

あ、武田鉄矢の“今朝の三枚おろし”で
聴いたんだ。

なので、さらに腰を据えて観る気になった。

で、見始めたらこれが面白い!

グイグイ惹き込まれますねぇ。

岡 潔は、生涯を多変数複素函数論に取り組んで
不定域イデアルの理論を開発し、

この分野における3大問題を独力で解決して、
世界の数学者を驚愕させた人物。

1960年には文化勲章も受賞。

私が聞いても、ナンノコッチャ??ですが(笑)

この岡 潔を支えたのが妻の「みち」

ドラマ“天才を育てた女房”は、みちから見た
岡 潔を描いています。

岡 潔、かなりの変人と言われています。

数学においては世界の頭脳ですが、数学以外は
からっきしダメ。

天才とはそういうもの。

でなければ偉業など成し遂げられません。

でも、妻のみちからすれば大変な苦労。

稼ぎを取ってこないわけですから。

ドラマ的にも面白くて感動もするので、
興味が湧いたらYouTubeででも観てください。

多分アップされてると思うので。

単なる面白かったドラマの紹介ではなくて、
何が室賀の心に刺さったかというと、

冒頭のシーン。

岡 潔と、みちが始めて出会う場面。

雷が鳴っていて、稲光が下から上へ走った
んですね。

その時・・・

岡潔「理屈に反しとる…雷は地面に向かって
落ちるもんや」

みち「そうですか?ほんなら雷さんが逆立ち
して太鼓を叩きはったんちゃいますか?」

岡潔「なんやて!雷さんなんかおるもんか!
おらんもんは逆立ちなんかせん!」

みち「あんた悲しい人やな。無いもんもあるよ
うに考えるから楽しいんやで」

みちの言葉“無いもんもあるように考える…”

に数学者の岡はピン!と来たのです。

無いものもあるとして考えてみることで、
これまで説明がつかなかった事を解明できる
かもしれない・・・

こう考えたんですね。

パラダイムシフトした。

この言葉に私もパラダイムシフトというよりも
『確信』したのです。

頭の中の電球がピカーン!と光りました。

よくダイレクト・レスポンス・マーケティング
では、ストーリーを語れ、といいますね。

ヒーローズ・ジャーニー。

ダメだった者が頑張って少し上手くいった。

でも、大きな壁にぶつかって悩む。

もがいてももがいても壁は登れない。

何とか途中まで登ってはみたものの
崩れて落ちてしまう。

そんな時、あるヒントに気づく。
(ここはメンターに出会ったりする事もある)

ヒントを元に諦めずにまた頑張ってみたら・・・

苦労の末に成功できた!

大体こんな流れですよね。

でも、多くの方は自分には
ヒーローズ・ジャーニーなんて無いと言います。

無いなんてことは、まず無い。

表現方法を知らないだけなのです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ここまで書くと、あなたはこう思ってるかも
しれません。

「ははぁーん、無いもんもあるように考える…

って室賀さんウソを書けちゅうんですかぁ?」

違います。

それではパラダイムシフトでも何でも無い。

書き方を考えて書け。ということ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

何も小学生の日記のように、

○○がありました。

●●はこう言いました。

▲▲しようとしました。

なんて書けばいいっていうもんじゃないのです。

だから共感させられないのです。

物語には若干のデフォルメがあったり、
演出があったりします。

脚色だってあります。

ドラマ“天才を育てた女房”も、実際には
岡 潔は精神的に病んでしまった時期もあった
のですが、そのことには触れていません。

デフォルメ、演出、脚色、です。

一番重要なのは、コンテンツホルダーさんが
そのノウハウを広めることで

・多くの人の役に立つ。

・多くの人のためになる。

・多くの人を救える。

と心から思えるのであれば、若干の演出や、
デフォルメ、脚色はあってもいい。

でも、世の中には悪いヤツもいるもの。

人を騙してでも
自分だけが稼げればいいというヤツ。

こんな輩には使ってほしくないです。

私のメルマガ読者さんは、いい人ばかりだと
思うから真実を話してます。

いい人ってかなりざっくりしてますが(笑)

無いもんもあるように考えるから楽しいねんで。

真意を汲み取れますか?

 

-コピーライティング

Copyright© 室賀博之の公式サイト - 40歳からのインターネットビジネス起業と人生の成功を伝えるブログ , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。