お勧め本

NZT48を手に入れたい!

投稿日:

こんにちは、室賀です。

昨日は、ここの所、次の超速ローンチの仕込みを
していたのですが、午後1時、ひとまず一段落
しました。

なので、午後1時で1日の仕事終了。

その後は、読みかけだった本を読みました。

好きな本を時間を気にせずのんびり読む。

最高ですね。

脳の力を100%活用する
ブレイン・ルール

なんで、この本を読みたくなったかというと、
「リミットレス」という映画を前に観たから。

Amazonプライムビデオでも有料でしたが
面白かったので、もう2回も観ました。

あらすじ引用。

脳を100%活性化する新薬と出会い、人生のどん底
から財界の頂点へと駆け上がる男、エディ。

だが成功の果てには、恐るべき副作用と罠が待ち
受けていたー。

作家志望のエディは、元妻の弟から通常は20%しか
使われていない脳の力を100%活性化する新薬
NZT48を渡される。疑いながらも服用した30秒後、
エディの頭は劇的に覚醒。

一晩で傑作小説を書き上げる。

あらゆる力を吸収したエディは、やがてビジネス
界に進出。ウォール街で伝説的な投資家カールと
手を組み、ハイスピードで富と権力を手に入れる

だが、そんな彼を待っていたのは、NZT48を巡る
泥沼の争いと恐ろしい副作用だった。

果たしてエディはこの危機を乗り切り、
運命に打ち勝つことができるのか?

リミットレス

はい、今日のメルマガタイトル、
もう分かっちゃいましたね(笑)

「AKBとか乃木坂なんとかみたいなやつ?」

「室賀さんもオタク系だったのかぁ?」

と思ったあなた、残念!

“脳を100%活性化する新薬”なんて映画としては
面白かったですが、実際あったら危ないです。

人間は脳の力の20%しか使っていない
というのはよく聞く話しですよね。

これは脳を守る人間の基礎防衛本能だと思う。

100%毎度毎度出し切ってしまったら精神崩壊
するか、脳がオーバーヒート起こして機能停止
して即死しますよ。

でも、脳について興味が湧いたので、
まずはインターネットビジネスマーケターと
しては、

脳科学マーケティング100の心理技術

を読んでみたわけです。

その本にブレイン・ルールのことが紹介されて
いたので読んでみたという次第。

サブタイトル“脳の力を100%活用する”
に惹かれて…(←やっぱりか!)

脳科学マーケティング100の心理技術のことは
マーケターとして物凄くためになるので
いずれまた書きたいと思いますが、

このブレイン・ルールがまた面白い。

脳には12のルールがあるとして、

ルール1 :運動
ルール2 :サバイバル
ルール3 :配線
ルール4 :注意
ルール5 :短期記憶
ルール6 :長期記憶
ルール7 :睡眠
ルール8 :ストレス
ルール9 :感覚の統合
ルール10:視覚
ルール11:ジェンダー
ルール12:探検

脳の働く12に“しくみ”について
書かれている。

そして、実際の生活に応用していく
方法が紹介されてます。

中でも、納得!と感じたのがルール4の注意。

脳はマルチタスクをこなせないのです。

「オレはマルチタスク人間だから

いくつも平行して仕事ができる」

とか言ってる人がいますが、あれはウソ。

そういう気になってるだけなんですね。

脳は生来、ひとつずつ、順番に、一時に、
ひとつの事柄にしかフォーカスできない。

だからこそ、携帯電話で話しながら車を運転
するのいかに危ないかということ。

電話の話しのほうに完全に気を取られます。

地域によっては認められているハンズフリーの
ヘッドセットだって気を取られます。

音楽を聴くだけならまだいいのです。

相手の話しを聞いて、理解して、それに対応する
返事をしなければ会話として成立しない。

これだけのことを脳に負担させているのだから
運転が疎かになるのは当然です。

私の住んでる地域ではヘッドセットは認められて
いるので、たまにやりますが、両手はハンドルに
あっても、

話しの内容に気を取られると、見ているはずの
視界が実はあんまり意識下に入っていなくて
ヒヤッとした経験もあります。

なので、今はヘッドセットでもやらない。

車を路肩に寄せて停止させて電話します。

緊急でない電話には出ないです。

後から折り返します。

仕事するのにパソコンを前にしてもそう。

さぁ仕事するぞ!とやりはじめて10分後・・・

ピンポーン。メールの着信音。

(タイトル見て)

お、アマゾンで注文してた本が発送されたか、
どれ、到着はいつかな。

確認、確認と。

せっかく脳が仕事スイッチを入れたのに、
いったんOFFにして、

今度はメールを読むスイッチをONにします。

読み終えてメールスイッチをOFF。

そして仕事スイッチをON。

するとスマホからはLINEでチャットが来る。

また仕事スイッチOFF。

チャットスイッチON・・・

これ、本人はマルチタスクしてるつもり
かもしれないけど、実際は一つの事柄の
ON・OFFを繰り返しているにすぎないのです。

しかも、仕事スイッチはONにしてからも
「あれ、どこまでやったっけ?」と
仕切り直しするので、さらに時間がかかる
わけなのです。

これが自称マルチタスク人間の
仕事がほとんど進まない原因なのです。

脳のためにも、効率のためにも、一つのことを
短時間集中したほうが最大効率を上げられます。

短時間とは。

人によって違いますが、10分から15分を一単位。

(25分までという説もあり)

これ以上やると集中力が切れはじめます。

でも実際、サラリーマンは10分から15分で
リセットできる環境に無い。

9時から仕事始めて10時にトイレ、もしくは
コーヒータイム。

それから12時のお昼までぶっ通し。

1時間昼食休憩。

13時から15時までぶっ通し。

ちょこっとコーヒータイム。

また17時18時までぶっ通し。

しかもデスクワークなら座りっぱなし。

「あー、ダルいなぁ・・・」と思っても
仕事サボるわけにはいかない。

なので、顔は平静を保っていても
イヤイヤ仕事している。

効率がいいわけない。

なので、サラリーマン、いつもどことなく
疲れてるのですね。

私も経験ありましたからよく分かります。

日雇い人夫、地獄の肉体労働でしたから。

集中力どころか思考能力ゼロに近かった。

今は?

超ノリノリでメルマガ書いてます(笑)

でも、15分2クールやったので、
そろそろ終わりにします。

脳の力を最大に使ってがっつり集中したい
なら、15分1クール(もしくは25分1クール)。

サラリーマンでもこれを意識して、
できるだけ適度な休憩を入れるようにすると
いいです。

というよりも、早くインターネットで稼いで
本業の収入を抜いてしまうといい。

サラリーマンの仕事してても、なぜかいつも
ニコニコになるので。

 

-お勧め本

Copyright© 室賀博之の公式サイト - 40歳からのインターネットビジネス起業と人生の成功を伝えるブログ , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。